弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所

HOME > 競争法/独占禁止法業務 > 不正競争防止法

不正競争防止法

不正競争防止法

企業の有する技術、ノウハウ等の機密情報は、企業が付加価値の高い製品・サービスを提供するための競争力の源泉であり、これが競争者にひとたび漏洩すると、企業が行う事業活動に甚大な損害が生ずる可能性があることから、不正競争防止法をはじめとする営業秘密の法的保護の重要性はいっそう増しております。
企業の営業秘密を保護すること、そのために企業内において適切に営業秘密を把握し、これを管理する体制を整えること、及び、万が一にも営業秘密が不正競争行為によって侵害された場合に、かかる状態を是正するための措置を迅速に講ずることは企業にとって必要不可欠となります。
当事務所は、企業の有する機密情報が不正競争防止法における「営業秘密」として保護されるために必要となる社内体制の構築、具体的な取扱い等に関する法的助言や社内規定・契約書等の作成業務を行っているほか、営業秘密が侵害された場合に、営業秘密の使用の差止請求及び営業秘密の侵害によって生じた損害賠償の請求、さらには刑事告訴や告発など、不正競争防止法が規定するあらゆる救済措置を適切に実施するための法的指導等を行っております。また、企業秘密の漏洩(不正持ち出し)の事実の調査・把握のために必要となるシステム面からの支援(フォレンジック)についても、内外のコンサルタント・IT業者と共同しながら適切なアドバイスを提供しております。
アジア経済法令ニュース 最新!中国ビジネス法の実務動向

注目国pickup!

URYU&ITOGA GROUP MEMBER お問い合わせ 採用情報 アドバイザリーサービス株式会社 U&I税理士法人

アクセス

PAGE TOP