弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所

HOME > IT/知的財産業務

IT/知的財産業務

当事務所のIT/知的財産プラクティスの最大の特徴は、純粋な日本国内案件に限らず、クロスボーダー案件においても豊富な経験を有していることにあり、その取り扱う内容は技術ライセンス契約その他の各種契約の作成及び紛争解決といった従来型のものから、関係する対象国における法規制を踏まえたIT/知的財産が絡むスキーム構築の提言といった事項まできわめて多岐にわたっております。また、各事案においては、IT/知的財産分野に豊富な経験を有する弁護士のみならず、公認会計士及び税理士とも協働することにより、単なる法的側面にとどまらず、税務・会計的側面に照らした上でも最適のアドバイスを提供しております。さらに、各専門家は、日本のみならず各国の関連法律・制度について、当該国の言語による情報収集・研究に日々努めており、これに国外の専門家との有機的な連携を加えることによって、あらゆるIT/知的財産案件について、世界を「面」でカバーする高度・正確かつスピーディーなリーガルサービスの提供を可能としております。

最新関連ニュース

2014.06.05
宍戸一樹弁護士執筆の「技術情報の流出とその対応策について」が、知財研フォーラム2014年春号(Vol.97)に掲載されました。
2013.11.25
記事・論文掲載のお知らせ(『シリーズ・対ベトナム・ビジネスにおける法務上の最新留意点「土地制度の概説と土地使用権の現物出資」』 谷本規弁護士)
2013.07.12
第1 日本国 主要新法令及び改正法令(アジア経済法令ニュース13-27)
2013.04.16
記事・論文掲載のお知らせ(『シリーズ・対ベトナム・ビジネスにおける法務上の最新留意点「商標の保護とライセンス」』 谷本規弁護士)
アジア経済法令ニュース 最新!中国ビジネス法の実務動向

注目国pickup!

URYU&ITOGA GROUP MEMBER お問い合わせ 採用情報 アドバイザリーサービス株式会社 U&I税理士法人

アクセス

PAGE TOP