弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所

HOME > アンチドーピング業務

アンチドーピング業務

当事務所は、スポーツ法の分野においても、競技団体のガバナンスに関する法的助言の提供や、競技団体による選手選考決定又は競技団体により課された資格停止決定に対する不服申立て等のスポーツ仲裁案件等の実績を豊富に有しております。
とりわけ、当事務所は、アンチドーピングの分野に関しては、日本国内の規制の枠組み(ルール作り)の段階から積極的に関与しており、競技団体等の定めるドーピング防止規則に基づき設置される聴聞・審問パネルの一員として、ドーピング行為の有無や競技者等に対する制裁措置の内容を決定する重要な役割を担っているほか、わが国のドーピング防止活動に関する法律実務の先駆者の一つとして、国際的にも認められる水準を維持すべく、世界各国の実務家との意見交換や情報収集にも日々努めております。

最新関連ニュース

2012.10.12
セミナー出講のお知らせ (10月26日 第9回スポーツ仲裁シンポジウム『オリンピック・パラリンピックにおけるソフト面でのインフラ整備~スポーツ振興政策、ドーピング防止活動、スポーツ法制策~』)
アジア経済法令ニュース 最新!中国ビジネス法の実務動向

注目国pickup!

URYU&ITOGA GROUP MEMBER お問い合わせ 採用情報 アドバイザリーサービス株式会社 U&I税理士法人

アクセス

PAGE TOP