TOP訴訟/紛争解決業務国際的紛争解決(海外訴訟・国際仲裁)

国際的紛争解決(海外訴訟・国際仲裁)

近年、企業活動のグローバル化に伴い、日本企業が外国の紛争解決手続に巻き込まれ、又は外国企業が日本の法的手続を利用する機会が増えております。国境を超えた紛争解決は、企業活動に対し、手続及びコストにおいて国内紛争解決とは比較にならない負担が伴います。 当事務所は、外国の主要な法律事務所との協力関係を築き、外国の紛争解決機関における多種多様な紛争解決のサポートをしています。 海外訴訟などの国際的紛争解決においては、各国の紛争手続に加えて裁判管轄、準拠法、条約、外国法の解釈・適用等が問題となりますが、当事務所においては、これらの問題に精通した弁護士が複数在籍し、ノウハウを蓄積しております。また、外国企業、外資系企業の日本における訴訟活動についても、経験豊富な訴訟弁護士がサポートをしております。当事務所は、米国、中国大陸、香港、台湾、シンガポール、ロシア、韓国、インドネシア等の日本企業の進出が著しい諸外国において多数の訴訟を経験しております。米国訴訟においては、企業とって多大な負担となり得る証拠開示(Discovery)についても対応するノウハウを蓄積しています。 また、近年では、国際的な紛争の解決手段として仲裁をはじめとするADR(裁判外紛争解決手続)が利用される機会が飛躍的に増加しております。当事務所は、日本商事仲裁協会(JCAA)、国際商工会議所(ICC)、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)、中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)等における豊富な経験を有し、国境を超えたあらゆる紛争事件について、企業をサポートする体制を整えております。さらに近時は、これら国際的紛争解決に長く携わってきた経験を活かし、日本国際紛争解決センター(JIDRC)における、仲裁・調停審問施設の運営、仲裁人・調停人等の専門的な人材の養成、国内外の企業、法律専門家に対する広報・啓発にも活動の場を広げております。

主要メンバー

関連ニュース

2021.09.07
書籍出版のお知らせ『International E-Discovery:A Global Handbook of Law and Technology, Second Edition』(Globe Law and Business Ltd)早川吉尚弁護士 共著)
2020.04.14
早川吉尚弁護士が取材をうけた記事『ODR導入へ』が日本流通産業新聞 (2020年4月9日号)に掲載されました。
2020.03.06
早川吉尚弁護士が登壇したセミナーの記事『国際仲裁の発展に関するセミナー開催』が日本弁護士政治連盟東京本部ニュース(2020年2月)に掲載されました。
2016.07.08
早川吉尚弁護士執筆の「TPP時代の投資協定仲裁」が、自由と正義2016年7月号(日本弁護士連合会)に掲載されました。
2015.11.04
早川吉尚弁護士が、11月12日(木)に 東京で開催されるSIAC(Singapore International Arbitration Centre)セミナー『Managing Risks with International Arbitration: Effective Tools for Asian Parties』にパネリストとして登壇致します。
2015.07.09
早川吉尚弁護士執筆の「国際商事仲裁制度の利用拡充に関する取組」が、自由と正義2015年7月号(日本弁護士連合会)に掲載されました。
2015.06.18
6月18(木)に グローバルリスクマネジメント・セミナー第3回 『国際仲裁法制の戦略的活用~新興国投資における紛争解決リスクと法務戦略~』を開催いたしました。
2015.02.10
2月20日(金)に『U&Iセミナー「グローバルリスクマネジメント~中国法務・税務を中心として』を開催いたします。
2012.12.25
記事・論文掲載のお知らせ(『外国法人に対する人的裁判管轄権 J.McIntyre Machinery v. Nicastro』早川吉尚弁護士、山本志織パラリーガル)