弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所

HOME > アジアエリア

アジアエリア

当事務所の海外業務は、1970年代に糸賀弁護士が中国業務を開始したことから始まりました。その後、多くの弁護士により発展させられ、現在では、国際間の取引が多様化することに伴い、中国のみならず、香港、台湾、マカオ、ベトナム、韓国、ロシアその他アジア諸国における投資、取引及び通商問題について、現地実務を踏まえて専門家として幅広く対応しております。このなかでも、特に中国に関しては、日本の法律事務所の中で最も永い歴史を有するとともに、経験豊富かつ多様な専門家集団を擁し、その取扱分野は、1.投資(現法設立、M&A、組織再編等)、2.投資撤退(解散・清算、持分売却等)、3.貿易(貨物売買、技術供与等)、4.現地経営に係る諸法律問題、5.各種契約の作成、6.通商(アンチダンピングその他WTO問題)、7.紛争(訴訟、仲裁、労働紛争、行政制裁等)と多岐にわたります。
当事務所は、海外業務を取り扱うにあたっては、日本人専門家においても、英語に加えて極力当該地域における公用語(現地語)での対応を心がけており、各国の専門家との円滑なコミュニケーションは勿論のこと、日本国内においても現地法令・裁判例その他の情報への直接のアクセスを実現することで、より効率的かつ正確な情報提供・対応が可能となっております。

最新関連ニュース

2018.05.18
ベトナム新法令ニュースを更新致しました。
2018.05.18
中国新法令ニュースを更新致しました。
2018.05.15
小林幹雄弁護士の執筆記事「中国における新エネルギー自動車(NEV)新規制の導入について~自動車メーカー等に対して一定割合のNEV生産等を義務付ける制度と企業への影響~」が、JCAジャーナル5月号に掲載されました。
2018.05.15
ヤラシェフ・ノディルベック外国法研究員著、宍戸一樹弁護士監修の「新政権下のウズベキスタン:市場開放に向けられた法改正の最新動向(4)~経済特区における投資インセンティブの拡大~」が、JCAジャーナル5月号に掲載されました。
2018.05.11
アジア経済法令ニュース(18-19)を発行致しました。
2018.05.11
第14 ウズベキスタン(アジア経済法令ニュース18-19)
2018.05.11
第13 カザフスタン(アジア経済法令ニュース18-19)
2018.05.11
第8 タイ(アジア経済法令ニュース18-19)
2018.05.11
第7 シンガポール(アジア経済法令ニュース18-19)
2018.05.11
第6 台湾(アジア経済法令ニュース18-19)
アジア経済法令ニュース 最新!中国ビジネス法の実務動向

注目国pickup!

URYU&ITOGA GROUP MEMBER お問い合わせ 採用情報 アドバイザリーサービス株式会社 U&I税理士法人

アクセス

PAGE TOP